投稿者「infoplot」のアーカイブ

ホテル・旅館《客室数》京都市内3Dマップ

京都市内は建物の高さの制限もあり、東京とは違いタワータイプの高層ホテルはない。規模の分布を見ても小さい宿泊施設が多い。
まず全体の地図を見ると、清水寺・東山・祇園・京都御所・河原町など比較的コンパクトなエリアに観光スポットが集中しホテル・旅館も同エリアに多い。

街の広さがイメージし難いが、山手線の駅を東京駅を河原町に移動させて各駅をマッピングすると、首都圏の方には分かりやすいのではないでしょうか? 単純に直線距離で見ると、嵐山も東京と中野くらいになります。

京都駅から河原町の中心部を見ると200室以上あるホテルは、ほぼこのエリアにあります。最大の客室数は新・都ホテルの988室で1000室以上の施設は京都にはありません。続いてホテルグランヴィア京都・アパホテル<京都駅堀川通>・エルイン京都・ウェスティン都ホテル京都が上位ホテルになります。

地図上のカラースケールと以下のグラフは、同じ色になっていますが、5室以下の簡易宿泊所が数では一番多く509軒。データは楽天トラベルを中心に集計しています。薄いグレーで東京23区のデータです。

以下のグラフを見て頂くと分かる様に、小さな簡易宿泊では需要をまかなえないですし、民泊で宿泊のキャパが増えても、京都の観光地としてのキャパとのバランスも難しいような気がします。